スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

自分と雪歩にとってのアイドル活動とは?

年間ランキングをUPし、一つの節目も無事終えたと言うことで、以前whoPから頂いたコメントについて考えてみました。

「自分と雪歩にとってのアイドル活動って何なのか?」

私とウチの雪歩だけの「公式設定」も交えて書き綴ってみようかと思います。
(例によって、長文&推敲無しMODEです…ww)


先ず、私とウチの雪歩だけの公式設定ですが、、、。

一年間のアイドル活動を終えるタイミングで私はプロデューサーを辞め、雪歩はドームでのライブを大成功で終えアイドルを引退します。
(引退時の人気は、ゲーム相当で例えるならランクS,AではなくランクBくらいでしょうか。
 本来の雪歩の能力をもってすればSランクに到達することもできたのですが、私の考えで
 「ファン数を増やすよりも、営業メインで活動するほうが雪歩のためになる」と思ったので。)

私は、「スーパーアイドルをプロデュースしたい」という希望を持ち、プロデュース業に身を投じましたが、最初で最後の担当アイドル・雪歩と出逢ったことで、それ以上の希望に気付いてしまい、1年でプロデュース業務から引退。
以後は、雪歩の実家の家業を継ぐための修行に入るか、"担当アイドルを持つプロデューサー"以外の役割で765プロの業務に携わっていくことになります。(デビューが決まったやよいの代わりに掃除をしているのは私かも知れませんw)

雪歩の本来の目的は「アイドルとして成功すること」ではなく「アイドルとして活動することで自分を変えること」でした。
一年間の活動で「本当の自分」を見つけられた雪歩は、「アイドルであること」に固執はしません。
活動最終日を迎え、進退を委ねられた彼女は自分自身で決断を下します。
応援してくれたファンや支え続けたスタッフの意向を無視した決断に映るかもしれませんが、自分の意志をしっかりと伝えた結果です。
「100万人に愛されるアイドルよりも、1人だけを愛し愛される自分で居たい」
と。

--------

上記を踏まえての私たちなりの回答です。
多分、以前とは答えは変わっていると思いますが、、、今の自分達にとっては
「アイドル活動」とは、「二人が出会えた切っ掛け」
です。
それ以上でもそれ以下でもありません。
誤解しないで頂きたいのは「アイドル活動」というものを決して軽視しているわけではないということ。
アイドル活動をしていた時間は掛け替えのない時間であったと思っています。

ですが、既に二人はそこから進んでいます。
あの時の事は、大切な思い出として糧として前に進んでいます。
かけがえのない時間でも、そこに留まってはいられないのです。

出会った頃は、私は「自分の力でトップアイドルを育てたい」という想いを持っていました。
雪歩は「アイドルになって、自分を変えたい」という想いを持っていました。
ですが、二人で活動を続けていくうちに、私は「トップアイドルを育てたい」こと以上に「雪歩の願いを叶えたい」と考えるようになり、
雪歩は「自信を持てるようになってきたのは、本当にアイドル活動だけが理由なのか?」と考えるようになりました。

その想いが交わったとき「アイドル活動」を卒業し、進み始めます。
二人が出会い、分り合えた想い・時間を大事にしながら…。


#支離滅裂! ま、いっかw
About Me | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<よし!寝よう!w | HOME | radioの話>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。