スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【P紹介】 病名:如月千早~時雨P 【第二回】 

第二回目はこの方です。

もし、時雨Pが居なかったらこのblogは存在していなかったかもしれません。
(その件は、また別の機会に語らせて頂くとして…)

自他共に認める千早スキーな時雨P。
ですが、実は私はずっと時雨P=美希のイメージが強かったのです。
そのイメージが変わっていくと共に、次第に強く意識するようになりました。

美希のイメージが強かった理由


「時雨P」という名を知ったのがこの動画だったから。

オタクの嗜みとして、私もKOTOKOは聴きます。
中でも正当派ポップス系(非電波系・ハード系)が好きなので、この曲はド真ん中ストライク。
曲に釣られてホイホイ開いたら、自分がダンス切り貼りで精一杯の頃にこんなもの見せられて…。
一発でその名前を記憶しました。

その後、いくつか動画を拝見しましたが、当時の私が抱いていた印象としては(失礼な言い方になりますが)
「普通に上手な動画を作るP」
という印象でした。
某所で話題になってる程の「千早好き」という印象もなく
「11人の中で、千早が頭一つ出てるくらいなんじゃないかな?」
というイメージを勝手に持っていました。
(本当に申し訳ありません。当時は本当にそう思っていたのです…)

そんなイメージが変わったのが、10月にあげられた2本の動画を拝見してからでした。



「上は兎も角、下はどうなんだ!w」とお思いの方もいらっしゃると思います。
ですが、本当にこの2本を拝見して私の氏に対するイメージはガラッと変わったのです。
「あぁ、この人は本当に千早が好きなんだなぁ」と。
【orangegirl sentiment】は説明不要かと思います。
【ねるねるねるね】の方ですが、ただ練っているだけだったら、私の中でも単なるネタ動画という捉え方で終わっていたと思います。
その後の独白のシーンですね。
あの独白の文面が「あぁ、本当に好きなんだなぁ…w」と感じさせてくれたのでした。
時雨P御本人からすると不本意かも知れませんが、私にとっては時雨Pの千早愛を認識させてくれた動画なのです。

そして時は流れて、、、


バカップル相互リンク のアレです。
(失礼を承知で書かせて頂きます)
「(いい意味で)ダメだ、コイツ。もっとやれwww」と思いました。
個人的嗜好で申し訳ないのですが、想いが溢れてくる動画大好きなんですよね。
周囲のお約束の反応コメも含めてニコニコ・ニヤニヤしながら拝見してました。
「時雨Pは本当に千早が好きだなぁ」「コメしてる皆は、本当に時雨Pと千早が好きだなぁ」
なんて思いながらw
(相手が雪歩だったら、血涙流しながらコメする側に回っていたでしょうがw)


そして現在、そんな時雨Pの(私的に)最高傑作(だと思っている)シリーズが展開中です。


動画とSSを組み合わせて、「時雨Pと如月千早の物語」を展開。
(ここからは持論がかなり含まれます。時雨Pの考えとは添わないかも知れません。ご了承下さい。)
アイドルと自分のストーリー(アイドルとPではなく、自分)を描くのは生半可な覚悟と勇気では出来ないと思います。
自分を晒し、自分の中のアイドルを晒していくわけです。
汎用的な「P」ではなく「自分」である、と。もうそこに「逃げ場」はないのです。
表面をサラッと撫でるようなSS/動画ではなく、出逢いから1step,1stepを大事に描く。
真剣に向き合ってそれを表現するというのは、バカップルSSをあげるよりも、自分と自分の中にあるアイドルを赤裸々に表現することになるのだと思います。
自分の中にいるアイドルに"ブレ"はないのか?
自分のアイドルに対する想いに"ブレ”はないのか?
自分の中のアイドルと皆の中にいるアイドルに"ブレ"はないのか?
私がちょっと考えただけでもこれだけの不安要素が出てきました。
アイドルを好きであればあるほど、作業に携わる時間が長ければ長いほど、
不安は重なり連なっていくはずです。
それでも時雨Pは踏みだし、その歩みを止めていない。
時雨P程の人になれば周囲からのプレッシャーも相当なモノでしょう。
それでも、歩みを止めない。千早と共に一歩一歩着実に進んでいく。
これは時雨Pにしか創り上げられない作品だと思っています。

「みくみく」「BadApple」他、名作を数多く排出している時雨Pですが、
このシリーズが完結した時、真の意味での代表作の誕生なのではないかと思っています。
(いや、私自身が勝手にそう思っているだけなのですけども^^;)

冒頭で、「かつて、時雨P=美希のイメージ」であったと書きました。
「とんでもない思い違いをしていた」と、この場を借りて謝罪させて頂きます。

「時雨Pは間違いなく千早専属のパティシエだ」と、声を大にして訂正させて頂きます。


………ぇ?w
P紹介 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<次作構想 | HOME | 有難う。有難う…(;´д⊂)>>

この記事のコメント

せっかく感動してたのにオチで吹いたwww

いやでもありがとうございます。
なんか恥ずかしい…///

頑張ります。
TAKAPも頑張れ!

2008-02-22 Fri 00:25 | URL | 時雨 #-[ 編集]
>時雨P

いやー。
かなりエスパー&私的解釈多めの文章で申し訳ないです。
時雨Pにとっては納得いかない文面もあったかと思いますが、思っていたことをそのまま書かせて頂きました(__)

チョコ動画は色々な意味で衝撃を受けた動画だったので絶対に紹介したかったのですが、
どうしても文の構成的に途中で紹介できなかったので”オチ”というポジションになってしまいました^^;

お互い、自分の中の如月千早・萩原雪歩を表現していけるといいですね。
2008-02-23 Sat 17:33 | URL | TAKA #U27XxiRw[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。