スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

8月DLC

公式HPでの正式発表がありましたね。

複雑な想いはあるものの、さすがにスルーできるほど精神力強くないので購入はすると思います…。
ということで、今月のDLCの購入予定は

・エースオブクラブ
・ふるふるフューチャー☆

の二つです。

…テニスウェアかー。
…そろそろ野球のユニフォーム来ませんかねぇ?w
ベースボールキャップ+半袖の上着+ショートパンツ あたりで。
かわいい子がカジュアルに野球のユニフォーム着てるのって可愛いと思うんだけどなー。

配信曲については以下に。

#美希派の方、、、もしいらっしゃったら御免なさい。
#けっこー好き勝手書いてますので…。

ということで、8月DLCで美希のMA曲「ふるふるフューチャー☆」が配信されることになりました。
・PSPでの移籍
・アイドラプリマの最終回
・ふるふる配信
とスタッフサイドからすると、美希大プッシュ期間なのでしょう。

ただ(多くの方が言っていますが)「ふるふる」を他の娘に歌わせるのはどうかなー、と。
因みに「MA曲を他の娘に歌わせること」に反対しているわけではありません。
「Kosmos,Cosmos」がDLC配信され、他の娘が歌っても私は問題とは捉えません。

MA収録された曲は、確かに個人の持ち歌です。
が、それ以前に「持ち歌」という設定は存在しており、雪歩で言えば「First Stage」も個人の持ち歌という扱いです。
アケ版から収録されていた曲なので、全員が歌っていて違和感もありませんが、紛れもない「持ち歌」です。
その理屈で言えば、「First Stage」「My Best Friend」も雪歩以外が歌うのはオカシイのでは?ということになります。(「My Best Friend」は二人の持ち歌ですが)
「First Stage」「My Best Friend」は全員歌えて良くて、「Kosmos,Cosmos」だけを特別扱いをしようとは思いません。

「いやいやいや…、それを言ったら"ふるふる"も同じジャネーノ?」と思われるかと思いますが、個人的には「ふるふる」は「美希の持ち歌」としては考えていません。
あの曲は「美希の歌」だと思っています。

MA曲は、ある程度歌い手をイメージして作られており、やよい・亜美真美あたりの曲もそれぞれを容易に連想できる良く出来た「持ち歌」になっていると思います。
美希も同様に歌い手をイメージして作られており、そこから美希を即座に連想できる曲ですが、「持ち歌」としてではなく「美希の心」を表現した曲として連想されます。

そこが個人的に大きな違いだと思います。

"アイドルマスター"という世界において、、、
美希以外のMA曲は歌い手のイメージに合わせて、ライターが作った曲というイメージ。
正にCD化したり、ステージで歌うために作った曲。
「ふるふる」はというと、美希が作った曲。
CD化とかステージとか関係なく、その時の暖かな気持ちが自然と口をついて出てきた曲というイメージ。
着替えながら。髪を整えながら。ひとりの夜にPの写真を眺めながら、、、美希が口ずさむ(もしくは、Pの前で堂々と歌うw)曲というイメージ。
(実際の話ではないですよ?アイドルマスターという世界において、、、のイメージです。俺世界のイメージw)

それに(覚醒前ならまだしも、覚醒後に)仕事とはいえP以外に向かってハニーとは言わないと思うのです。

そのあたりを考えてしまうと、やっぱりMAの中でも「ふるふる」は特別だと思うのです。

悲しいかな「Kosmos,Cosmos」は良く出来た「アイドル・萩原雪歩の持ち歌」ではあるけれども、「萩原雪歩の歌」ではないのだなぁ、と。
美希の「ふるふる」と比べるとどうしても考えてしまうのです。

そういった曲を与えられなかったことを悲しむべきなのか、今回の「ふるふる」のようになることがない事を安堵すべきなのか…。
正直、自分としては複雑ですが…。
雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<8月DLC其ノ弐 | HOME | Release~「踊ろよ、フィッシュ/山下達郎」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。